京都新聞「京商ニュース」 カモン!カコモン!

2019年2月26日号 京都新聞「京商ニュース」京都検定にチャレンジ

豊臣秀吉が聚楽第周辺に諸大名を集住させたため、現在の上京区には武将に由来する町名が多く残る。中でも主計町は(   )の屋敷があったことにちなんで名付けられた。(第12回2級)

ア 加藤清正    イ 黒田如水    ウ 黒田長政    エ 上杉景勝

解答  ア 加藤清正

[解説]
 聚楽第は、天正14年(1586)年、豊臣秀吉が平安京大内裏旧跡の内野に構築し、翌年完成した。その周囲には豊臣家ゆかりの諸大名が邸宅を構えた。主計町は、主計頭であったこの人物に由来するという。

一覧へ