京都検定とは

過去問チャレンジ

過去問題より出題 2級

Q1.足利義満が「花の御所」の東側に造営し、七重の大塔があった京都五山第二位の寺院はどこか。

Q2.平安京の中央には、都城南端の正門である羅城門から大内裏へまっすぐ南北に通じる朱雀大路が敷設されていたが、これは現在のどの通りにあたるか。

Q3.節分の日に、鰯の頭を(  )にさして門口に立てると邪気を払うとされる。

Q4.舞妓が晴れて芸妓になることを(  )という。

Q5.円山公園には、明治期にロココ様式を取り入れて建てられた「長楽館」があるが、この「長楽館」を建てた煙草王として有名だった富豪は誰か。

Q6.江戸中期の画家、伊藤若冲が下絵を描いたと伝えられる五百羅漢などの石仏群がある寺院はどこか。

Q7.江戸前期に表千家を興し、紀州徳川家の茶頭として出仕した千宗旦の三男は誰か。

Q8.『日本美の再発見』の著者で知られるドイツの建築家ブルーノ・タウトは、(   )を「日本建築の世界的奇跡」として絶賛した。

Q9.かつて竹の産地であった伏見深草で製造され、有名となった伝統的工芸品は何か。

Q10.明治期に内閣総理大臣に就いた山県有朋が、琵琶湖疏水の水を取り入れ京都に造営した別荘はどれか。